茨城県

【展示告知】『 3・11とアーティスト: 進行形の記録 』

▼ HEARTMARKVIEWINGを出展しています!
_________________________________

展示会名:『 3・11とアーティスト: 進行形の記録 』
場所:水戸芸術館 現代美術ギャラリー
 開催日:2012年10月13日[土]~ 2012年12月9日[日]
開館時間:9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)
 休館日:月曜日
 入場料:一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
 中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
_________________________________

内容:
■企画展
2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。
被災地の内外で市民によるさまざまな支援活動が立ち上がるなか、表現を生業
とする一部のアーティストも行動を起こしました。本展では、震災を受けて現
れた約30に及ぶアーティストのアクションと表現を、2011年3月から現在へ
と時間軸をたどる形で振り返ります。

震災を受け、「表現」を通してその状況に向き合う作家がいる一方で、
「アーティスト」というアイデンティティをいったん棚上げにし、作品にする
とを前提とせず活動を行った作家も多くいました。その行為は「表現」なの
か「記録」なのか、クリエイティヴィティある「支援活動」か。あるいは支援
活動から発展した「作品」か――。

その分かちがたさは
、活動の背景にある作家の葛藤、現地の状況や
ニーズをく
んだ展開、そして「災害後のアート」にまつわる各作家の考え方のちがい
しています。盤石のように思われていた社会システムのもろさをあらわにした
害の圧倒的な衝撃は、現実を反映する同時代のアートにも波及し、これまで
以上に大きく「アート」の理念や定義を揺さぶりました。
本展で紹介するアーティストたちは、「災害後」をそれぞれの視点からマクロ
にそし
てミクロに見つめ、さまざまな形で表します。彼/彼女らの活動は、あ
のとき私たちが抱いた戸惑いやためらい、意志を鏡のように映し出すようです。
東日本大震災から1年と7か月、いまだ未完了・進行形のこの時期に、
アーティストの活動を私たちがたどることで、「あれから」を見つめ「これから」
を考える、そう願いを込め
て本展
を開催します。

▼参加作家
荒井良二、遠藤一郎、開発好明、加藤翼、北澤潤、小森はるか+瀬尾なつみ、
眞田岳彦、高山明(Port B)、タノタイガ、Chim↑Pom、椿昇、照屋勇賢、
トーチカ、中島佑太×ビルド・フルーガス、ニシコ、畠山直哉、日比野克彦
藤井光、宮下マキ、村上タカシ(MMIX Lab)、ヤノベケンジ、山川冬樹、
wah document 
※荒井良二、開発好明、wah document はイベントでの参加となり
作品展示はございません。

5/8 福島県 茨城県

8日は福島のいわき市立体育館、湯本高等学校と茨城の水戸市少年自然の家にお伺いしました。

●いわき市立体育館
入ってすぐのエントランスに飾ってきました。到着したときには自衛隊のブラスバンドの方が演奏中でした。演奏終了後、お昼ご飯までの間に2ヶ所に手早くスッタッフで設置しました。

IMG_2231.jpg
スッタッフの方と共に

IMG_2235.jpg
入ってすぐのドアのガラスにも小さいハートを


●湯本高等学校
避難所になっている体育館の壁にハートを飾らせていただきました。
突然お伺いにも拘らず、ワークショップを開かせていただけました。親子やおばあちゃんとお孫さんと午後の暖かい日差しの中、ゆっく話をしながらハートを作りました。

IMG_2265.jpg
思い思いに話をしながらのワークショップ


IMG_2272.jpg
ハートをバックにみんなで


●水戸市少年自然の家
パブリックスペースにパーテーションのように飾らしてもらいました。
ワークショップもソファーに座ってやらせてもらいました。
届けたハートマークの裏側にワークショップで出来たハートを飾りました。
IMG_2286.jpg
届けたハートを近くで見たり、ちょっと離れてみたり

IMG_2316.jpg
僕の作ったハートマークです。ハートに手書きの太陽に折り紙もついています。

IMG_2327.jpg
ハートに午後の光を浴びながら、みんなで一緒に。